安堂寺橋(あんどうじばし)上方落語「伊勢参宮神乃賑(通称:東の旅)」の旅の起点【大阪市中央区】

安堂寺橋(あんどうじばし)【大阪市中央区】

昭和初期の安堂寺橋の写真はこちら

橋の東側は東堀の材木浜で、材木をはじめ竹や竹皮の取引も行われていた。
西側は南船場につながり、金物問屋などが集まる町であった。

また伊勢神宮参り街道につながる交通の要として江戸時代初期の頃からあったという。

喜六と清八による伊勢参りの道中を描いた一連の上方落語「伊勢参宮神乃賑(いせさんぐうかみのにぎわい)」通称:「東の旅」でも安堂寺橋が旅の起点として登場している。

安堂寺橋から出立し、玉造〜深江〜暗峠へと旅は続く。

残念ながら現在は高架下にひっそりと佇む橋として、その趣は感じられない。

〈安堂寺橋概要〉

橋長:49.2m
幅員:6.0m
形式:桁橋
完成:昭和42年

関連記事

  1. 今橋 かつて、金融街を支えた橋【大阪市中央区】

  2. 筑前橋 他藩の大名すら渡るのを遠慮した、筑前・黒田藩の橋【大阪市北区・西区】

  3. 難波橋(なにわばし) 「ライオン橋」の愛称で親しまれる浪華三大橋【大阪市北区・中央区】

  4. 本町橋 戦時には攻防の要とも目された、交通の要衝・公儀橋【大阪市中央区】

  5. 古川橋 新地として開発された町を支えた橋々【大阪市西区】

  6. 長堀橋 交通の要であった、公儀橋のひとつ【大阪市中央区】