堂島大橋【大阪市北区・福島区】

堂島大橋【大阪市北区・福島区】

堂島大橋は、あみだ池筋の堂島川(旧淀川)に架かる橋。
明治10年に曽根崎川にあった堂島小橋の通りに完成している。1885年(明治18年)の大洪水で押し流されてしまった。
1909年(明治42年)に木橋に架け替えられた。
中之島十三線の整備に伴い、市電橋として改良され、昭和2年9月に現在の橋に架け替えられた。このとき、土佐堀橋とほぼ直線で結ばれるようになった。
1945年(昭和20年)6月のアメリカ軍による空襲で被災し、石の欄干の黒焦等の痕跡が現在でも残っている。
2018年-2020年改修。


昭和初期の中之島

〈堂島大橋概要〉

橋長:76.15m
幅員:22.70m
形式:アーチ橋
京阪中之島線 中之島駅 1番出口 およそ50m 徒歩1分。
昭和2年(令和2年 改良)。

関連記事

  1. 長堀橋 交通の要であった、公儀橋のひとつ【大阪市中央区】

  2. 田蓑橋 蛸の松の景観で知られた、堂島五橋の一つ【大阪市北区・福島区】

  3. 安治川橋 反り橋、旋回橋と形を変え、船の往来を見守り続けた居留地の橋【大阪市西区】

  4. 弁天橋 環状線と並走する、大阪城とOBPをつなぐ橋【大阪市中央区】

  5. 淀屋橋 大阪の大動脈・御堂筋に架かる交通の要衝【大阪市北区】

  6. 四ツ橋 散策を楽しむ人々で賑わった、井の字の橋【大阪市中央区】